なるシム なるほどシム加工読本 » 材質から探すシム加工 » SUS420J2

SUS420J2

熱処理により高強度・高硬度が得られる「SUS420J2」について、化学成分や強度・耐食性、機械的特性、用途などを紹介しています。

SUS420J2に対応できる
シム加工会社おすすめ3選をCheck!

SUS420J2の特徴

SUS420J2は、マルテンサイト系に分類されるステンレス鋼の一種です。成分的な特徴として、炭素の割合が高いことが挙げられます。そのため限りなく鉄に近い性質を有しており、錆が出やすいことがデメリットですが、一方で焼入れ後の硬度が高い鋼種でもあり、焼入れ・焼き戻しなど熱処理により高強度と高硬度が得られます。

SUS420J2の化学成分

SUS420J2には下記の化学成分が含まれています。

Ni(ニッケル)は、0.60%以下なら含有してよいとされます。

SUS420J2の強度・耐食性

SUS420J2の耐食性は、一般的な焼入鋼よりは優れていますが、炭素量が多く錆が出やすいため、オーステナイト系及びフェライト系のステンレス鋼よりは劣っています。一方、前述のとおり、炭素量は一般的なステンレス鋼より多いため、熱処理(焼入れ・焼き戻し)によって高強度・高行動が得られます。

SUS420J2に対応できる
シム加工会社おすすめ3選をCheck!

SUS420J2の機械的特性

SUS420J2は以下のような機械的特性を有しています。

SUS420J2の用途

熱処理後の高強度・高硬度が特徴のステンレス鋼材、SUS40J2はバルブや刃物、弁座、直尺、ノズル、医療機器、シャフトなど、耐熱性、耐摩耗性の用途に適しています。

強度や耐食性から加工例まで
材質から探すシム加工

対応できる素材数で選んだシム加工業者
おすすめ
3

豊富な素材から
適したシムを提案

飯島精機
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

ミクロン台の
高精度シムに対応

名古屋発條工業
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

既製品から
適したシムが選べる

岩田製作所
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

※2021年4月15日時点でGoogleにて「シム加工」と検索した際に表示される上位25社のうち、公式サイトに品質マネジメントシステムに関する国際規格であるISO9001取得と対応ロット(個数)の記載がある3社を厳選し、加工できる素材が多い順に会社を紹介しています。