なるシム なるほどシム加工読本 » シム・スペーサー・ライナーの違い » シムとスペーサーの違い

シムとスペーサーの違い

シムとスペーサーの違いを解説。すき間を作って、製品を安全に稼働させたいなら、スペーサーの購入を検討してみましょう。

シムはすき間を埋めるもの、スペーサーはすき間を確保するものと、考え方や用途が異なります。

シムはすき間をなくして、摩耗を少なくする目的があり、スペーサーはあえてすき間を作ることで、摩耗をなくす目的があります。

とはいえ、どちらもすき間調整に使われるため、明確な定義はありません。

スペーサーとは

スペーサーは物同士がぶつからないために、間隔を取る目的で使われています。

部品の形状が合わなくて結合できないケースや、絶縁目的で離すケースなど、様々なシチュエーションで用いられています。

車のホイールをはめ込む際にスペーサーを付けるなら、すき間ができて走行がぶれないように、ハブリング付きの物を選ぶと良いでしょう。

ハブリング付きは内側に凸になっているので、すき間ができて軸がぶれる心配がありません。

スペーサーの材質

スペーサーに使用される材質は、金属・樹脂・非金属の3種類。

金属は黄銅・アルミ・鉛レス黄銅・スチール・ステンレス・チタン、樹脂はジュラコン・PTFE・ナイロンといった材質が揃っています。

樹脂は他にもたくさん種類があり、プリント基板用の高強度・耐熱素材のレニーなども購入可能。

非磁性・耐薬品のスペーサーを希望しているなら、非金属のセラミックス製もあります。

材質別にシム加工
を詳しく見る

スペーサーの加工例

飯島精機のスペーサー

イメージ
画像引用元:特注シム製造センター.com(https://www.shim-manufacturing-center.com/case/動力伝導装置用向け 丸シム・スペーサ/590/)

リン青銅の素材をプレス加工で打ち抜き、特注で仕上げています。

厚みの要求が±0.01mmだったため、加工後に両面研磨を施しており、真鍮・黄銅・銅の材質でも両面研磨が可能です。

飯島精機のシム加工
を詳しく見る

こだま製作所のスペーサー

イメージ
画像引用元:こだま製作所(https://www.kodama-tec.com/case/use/cat/004374.html)

スペーサーを、ステンレスの材質で板厚1.0tに仕上げた事例。

使用場所の特性上、断面のエッジ・面に繊細が求められるため、形状をワイヤーカットで加工しています。

こだま製作所の
シム加工を詳しく見る

山内スプリング製作所のスペーサー

イメージ
画像引用元:山内スプリング製作所(https://yamauchi-spring.com/simmspacer/シム板・スペーサ(0-1t-38)/)

産業機械の高さ調整に使われるプレートで、材質はSUS304Hを使用。

板厚が0.1tで、レーザー加工で仕上げられています。ロット10個を3日で納品しています。

山内スプリング製作所の
シム加工を詳しく見る

対応できる素材数で選んだシム加工業者
おすすめ
3

豊富な素材から
適したシムを提案

飯島精機
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

ミクロン台の
高精度シムに対応

名古屋発條工業
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

既製品から
適したシムが選べる

岩田製作所
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

※2021年4月15日時点でGoogleにて「シム加工」と検索した際に表示される上位25社のうち、公式サイトに品質マネジメントシステムに関する国際規格であるISO9001取得と対応ロット(個数)の記載がある3社を厳選し、加工できる素材が多い順に会社を紹介しています。