なるシム なるほどシム加工読本 » シム・スペーサー・ライナーの違い

シム・スペーサー・ライナーの違い

シム・ライナー・スペーサーの違いについて解説。違いを踏まえたうえで、シムを選ぶ際に知っておきたい、シムの材質・形状・厚さ・用途を併せて紹介しています。

シムとライナーの違い

シムとライナーは、どちらも精度調整に使われる板です。大きく異なるのは厚みで、シムは薄く、ライナーは厚みがあります。

ただ水平を保ったり、高さを調節したりするのは同じなので、機器のすき間によってどちらを使うか決めるのが良いでしょう。

シムとライナーの
違いを詳しく見る

シムとスペーサーの違い

シムとスペーサーは、どちらもすき間を調節するための板です。しかし、シムはすき間を埋める板で、スペーサーはすき間を確保する板となります。

明確な定義はないので、会社にとって使いやすい部品を使うのがおすすめです。

シムとスペーサーの
違いを詳しく見る

シムとワッシャーの違い

シムとワッシャーは形状が似ている場合もあり、違いがわかりにくい場合もあります。シムの場合は、部品の間に挟み込んで位置や精度の調整、スベリ止めの役目をしますが、ワッシャーにはシムとは違う使用目的がありますので、詳しく解説していきます。

シムとスペーサーの
違いを詳しく見る

シムとは

シムの材質

シムの材質には、金属・樹脂があり、金属製で多用されているのはステンレスです。

また、導電性の高い材質を求めるなら銅・真鍮・ベリリウム銅・リン青銅が向いています。

加工しやすいのは真鍮ですが、ばね性に優れているのはリン青銅です。

材質別にシム加工
を詳しく見る

シムの形状

シムの形状は、リング形状とプレート型があります。リング形状にはさらにC字型シムがあり、ボルトを外さずに横入れできるので便利です。

プレート型のシムは真四角で、広範囲に薄板を敷きたい時に用いられています。

種類別にシム加工
を詳しく見る

シムの厚さ

シムの厚みは、極薄で0.01mm、厚くて6mm前後です。シムテープだと、もっと薄い0.005mm程度の物もあります。

会社によっては、厚みが1mmを超えるとスペーサーと表記しているところもあるので、気をつけてチェックしましょう。

厚みのある板を探すなら、ライナーあるいはスペーサーから探すのがおすすめです。

シムの用途

シムは、機器のすき間に挟んで、精度調整する用途で活用されています。

すき間で機器が動くのを防いで、動作効率を維持できるほか、機器が摩耗する心配がなくなります。

機器の振動や騒音を防ぐ目的で使われるケースもあるでしょう。

対応できる素材数で選んだシム加工業者
おすすめ
3

豊富な素材から
適したシムを提案

飯島精機
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

ミクロン台の
高精度シムに対応

名古屋発條工業
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

既製品から
適したシムが選べる

岩田製作所
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

※2021年4月15日時点でGoogleにて「シム加工」と検索した際に表示される上位25社のうち、公式サイトに品質マネジメントシステムに関する国際規格であるISO9001取得と対応ロット(個数)の記載がある3社を厳選し、加工できる素材が多い順に会社を紹介しています。