なるシム なるほどシム加工読本 » 種類から探すシム加工 » 鳴き止めシムの特徴や加工例

鳴き止めシムの特徴や加工例

鳴き止めシムとはどのような部品なのか、どういった材質や加工例があるのかについて紹介します。

鳴き止めシムとは

鳴き止めシムとは、自動車のブレーキングの際に発生する音(鳴き)を、振動吸収によって抑えるための部品です。

自動車のブレーキパッドとディスクローターが摩擦を起こすと振動が発生し、ブレーキキャリパー内へ伝わって鳴きが発生します。振動が伝わる前に吸収して、鳴きの発生や程度を抑えるための部品として用いられています。

パッドサイズに合うものを貼り付けて使う

鳴き止めシムはブレーキパッドに直接取り付けて使います。ブレーキパッドの形状に合うシムを選び、ブレーキパッドの汚れと油分を取り除いてから、すき間ができないように貼り付けを行います。シムを貼り付けた状態でブレーキパッドを車輌に取り付け、動作を確認します。

取り付け方法が不十分だったり、素材選びやサイズを間違えたりすると、振動を吸収することができません。自分で取り付けるのが不安な方は、地方運輸局認定の整備工場で取り付けてもらうのをおすすめします。

軽量・薄くても効果を実感しやすい

鳴き止めシムはブレーキパッドに直接貼り付けるもので、薄さと軽さが特徴です。

薄いシム素材の中には、ラバー・ステンレス・レジンといった複数の素材が層になって重ねられており、表側では減衰用のラバーが振動を吸収します。

中間にあるプレートはステンレスのような金属が使われ、シム部品としての剛性を確保。裏側はレジンなどの素材が耐性と振動遮断機能をになっています。

弾力のある素材が使われているため、装着した状態でブレーキをかけても違和感を覚えにくいのが特徴的。正しく貼り付ければ振動をしっかりと吸収するので、ブレーキング時の鳴きが緩和されます。

シムプレートの特徴や
加工例を見てみる

鳴き止めシムの材質

鳴き止めシムは、さまざまな材質で作られています。代表的な材質は以下のとおりです。

鳴き止めシムの加工例

鳴き止めシムの加工例1
画像引用元:株式会社ディクセル
(https://www.dixcel.co.jp/product/etc/shim/)

一般車およぶチューニングカー・レーシングカー用のブレーキパーツの製造・販売を行っている株式会社ディクセルの鳴き止めシムです。

弾性と剛性をもつ複数の素材を重ね合わせた鳴き止めシムは、ブレーキを使用した際に伝わる振動を表と裏のそれぞれで吸収し、鳴きを効率的に抑制します。

製品は国産車・外国車それぞれに幅広く対応しており、ひとつのメーカー内でも複数の車種に対応しています。

鳴き止めシムの加工例2
画像引用元:株式会社アルファ
(https://www.alpha-line.jp/ms/mstop.html)

自動車部品・カー用品を製造販売している株式会社アルファの鳴き止めシムです。ゴム層で繊維層を挟んだ3層構造が特徴です。

はさみで自由に切って使える利便性と、約80%程度の鳴きの軽減が期待できる鳴き止めシムは、表側が特殊ゴム層で強化繊維層を挟み込み、裏面には接着剤を使用して手軽に貼り付けられる構造になっています。

大型のブレーキパッドにも対応しているA4サイズタイプも販売されています。

素材の豊富さで選ぶ
シム加工業者3選

対応できる素材数で選んだシム加工業者
おすすめ
3

豊富な素材から
適したシムを提案

飯島精機
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

ミクロン台の
高精度シムに対応

名古屋発條工業
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

既製品から
適したシムが選べる

岩田製作所
対応できる素材
対応できる素材

公式サイトで
シムについて
相談する

※2021年4月15日時点でGoogleにて「シム加工」と検索した際に表示される上位25社のうち、公式サイトに品質マネジメントシステムに関する国際規格であるISO9001取得と対応ロット(個数)の記載がある3社を厳選し、加工できる素材が多い順に会社を紹介しています。